マドリッドから発信


by dias-madriz
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2010年 08月 ( 1 )   > この月の画像一覧

Vamos a Japón

さて、今日から8月。

8月4日に日本へ行くために半年以上も前からチケットを購入していたけれど、4月に母が亡くなったため少し事情が変わった。

相棒F氏も私も「今は一人っ子」。私は15年前に相棒F氏は40年前に、それぞれの兄を亡くしている。

そして現在、相棒F氏と私はマドリッドで二人暮らし、F氏ママはカセレスで一人暮らし、私の父は日本で一人暮らし、という状況。


一人息子&娘の私たちが、一人暮らしの親の老後に直面しつつある。


F氏ママは一人暮らし歴も長いし、近所には親戚がたくさん住んでいる。病気知らずで78歳とは思えないくらい元気。それでも相棒F氏は出来る限り実家へ行くようにしている(私も仕事が無いとき行きます)。


私の父。若干病気持ちではあるが、家事もこなすし、毎日ゴルフの自主練、そして週3回はコースを回る。今のところ健康に問題なしの72歳。でも親戚は近くにいないし、娘はスペイン(←これが一番厄介)。


同じ国に住んでいたって、何かあった時、すぐに駆けつけられない場合もある。親の死に目に会えるか会えないかは、運みたいなもんだ。


でも、スペインと日本ってのはやっぱり遠すぎるのだよ。直行便だって無いぞ。


母の件では、「あと1日早く日本へ到着していたら、体の反応があったんだ」ってどーしても考えてしまう。

父も「自分に何かあっても娘はすぐに日本へ帰ってこられない。」と、漠然と考えているかもしれない。


父のことを考えて、相棒F氏と一緒に日本で暮らす選択もあるが、そーなると今度はF氏ママがスペインに取り残されて寂しい思いをしてしまう。

だったら、父をスペインに呼び寄せて一緒に暮らすか?そんなに簡単じゃないよなぁ…。じゃあ、F氏ママを日本に連れて行くか?これは500%不可能…。


つまり、考え出すとキリが無いのね。


悲観的になっても仕方がないので自分達が出来る範囲で解決策を見つけるしかない。幸いにもお互いの親は今のところ一人暮らしに問題はない。


母の死後、相棒F氏とこれからの人生について色々話し合ってきた。


まず、母が亡くなって間もないし、今は私の父のことを優先的に考えるということで、8月12日~10月21日まで日本へ行くことにした。F氏ママも激しく同意。感謝。その後、母の1周忌の時期にまた2ヶ月ほど行こうと思っている。


特に何をするってわけでもないけれど、近くにいるという安心感を父に持ってもらうのが重要。


相棒F氏はフリーランスだからインターネットさえあればどこにいても仕事が出来るので、今回は旅行者ではなくプチ居住者体験。本人、結構楽しみにしている。


「だって、日本はスペインみたいに隣人がうるさくないから仕事もはかどりそうだし、9月の東京JAZZにはお気に入りのアーティストが出るし(madriz、チケット早く予約してよ!)、それにCD買うならやっぱトーキョーだよ、スペインなんてダメダメ、あっ、そうそう、またヨドバシカメラの音響コーナーでヘッドフォンたくさん試して今回は一番いいやつを買っちゃおうかなぁ…。」


本当に私の父のための滞在なのかね、F氏さん???


スペインと日本を行ったり来たりする生活に備え、私は今の仕事を辞めることにした。日本に行く度に仕事を中断していたら、お客さんたちに迷惑かけてしまう。今後、新しい仕事のスタイルを見つけなければならない。


多少の貯金もあるし、私の薄給がなくなったところで二人の生活が激変するわけではないが、それでも相棒F氏には感謝しなければ。彼が会社勤めの人だったら、2ヶ月以上も日本に同行することは出来ない。


今後、お互いの親がもっと年を取ったら、更に色々なことを考えなければならないだろう。超現実的な言い方をすれば、親達の今後の人生は長くても10年、15年。だからこそ、親達が元気なうちになるべく顔を見せるようにしたいと思う。残り少ない人生を一人ぼっちで寂しく過ごさせてはいけないのだ。


なーんて、真面目にツラツラと書いていますが、理想と現実は程遠い。でも理想を持つのはいいことだしね♪


今回は相棒F氏2ヶ月以上も私の父と同居。

生活スタイルも違うし、親との同居って色々問題ありそうだが、F氏は日本語を話せないから、父の無駄話は理解できないし、父が発する単語程度の英語にYES、NOで答えるだけだから、かえって気が楽だそうだ。


前回の滞在時の父の唯一の英語。

Fさん、Sit here, eat, eat!」 って犬ぢゃないんだからさぁ…。
「Fさん、Today Hiroshima?」あー、分かりやすい。

だから、F氏が日本行きを楽しみにしているのも頷ける。父に気兼ねする必要ゼロで、好きなよーに日本を満喫できるからさ。


あたしがカセレスに行ったときは、必ずあんたのママから何百回も同じ話を聞かされるんだけどね!


日本の皆様、今回はお会いできるの楽しみにしています♪

PS:9月からの短期バイトってあるかしらん?
[PR]
by dias-madriz | 2010-08-01 11:18 | Vida | Trackback | Comments(0)