マドリッドから発信


by dias-madriz
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

<   2009年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧

Paella a lo pobre

今回の投稿は思いっきり私信です。そう、ロンドン在住のミカヲさん!
あなたのために送る、簡単パエジャ(パエリヤ)の作り方よん♪

以前投稿したシーフード・パエジャと材料はほとんど同じ。

新鮮な魚介類が手に入らなかったり、魚屋行くのはメンドーなの(←正に最近のワタクシ)って場合はぴったりです。

変更点は下記のとおり。

※シーフードの部分を全部缶詰に変える。ちなみに私はアサリとムール貝の水煮(←これ重要!スパイスやソースで味付けされているものはダメね)缶を使用。

※鶏肉を150gほど加える

※人参やいんげんなど入れてもOK

もちろん、味は多少落ちるけど、普段食べる何気ないパエジャとしては文句なしですわ。

飾りつけもなーんも気にしないため、野菜は全部細かく切って炒める。鶏肉いためる。缶詰汁ごと投入。調味料、白ワイン、水投入。米投入。テキトーに煮る。これでOK。

名づけて Paella a lo pobre パエジャ・ア・ロ・ポブレ(貧乏パエリヤ)。

この「貧乏パエリヤ」ってのはスペインの料理本の米料理レシピでは割とよく目にするもの。ビンボーって響きは悪いが、要は「つつましやかなパエリア」っ感じですな。

レシピによっては肉だくさんだったりして、ビンボーと呼ぶには程遠いものも多い。個人的にはカジュアル・パエリヤと呼びたい感じ。
b0146907_8444494.jpg




そうそうミカヲさんは5月にマドリッドに遊びに来てくれました♪陰謀よろしくミカヲさんを付け回し、食い攻めにした相棒F氏とワタクシ。

詳しくはミカヲさんの素敵なHPをどーぞ。

私たちのことを理想のカップルだなんておっしゃってくれたが、現実はシビアなのだよミカヲちゃん。

最近の二人のスローガンは 「口論を減らしてハッピー・ライフ!」 ですわ。

ミカヲさんの食生活がますますスペイン化しますよーに!ロンドン遊びに行くから待っていてねー♪
[PR]
by dias-madriz | 2009-07-20 22:43 | Comida | Trackback | Comments(6)

Orgullo Gay Madrid 2009

さて、Orgullo Gay 2009 (おるぐじょ・げい:ゲイ・プライド)。

メインとなるゲイ・パレードは、その起源とされる 「ストーンウォールの暴動(1968年6月28日)」 にちなんで、だいたい6月28日前後に行われる。

ストーンウォールの暴動」 については検索すればたくさん情報が得られます (面倒だから省略するわけぢゃないんだけどね…)。

今年のマドリッドのゲイ・パレードは7月4日(土)でした。バルセロナは先週の日曜日だったみたいだね。

開始時間は18時。アルカラ門をスタートしてグランビア通りに入りスペイン広場がゴール。暑いのに皆さん頑張りますなぁ…。

私たちがスペイン広場に到着したのはもう24時を過ぎていて、ゲイ・パレード終わっちゃったかなぁって思っていたけど、とんでもない!

スペイン広場からグランビア通りを見ると、人、人、人…。グランビアはマドリッドの目抜き通りで、いつも車の渋滞だらけ。人のカーペット状態になっているグランビア、見ていて爽快でした。
b0146907_11433334.jpg
特設ステージでは 「あたしたち、200万人の参加者なのよぉぉぉ!」って叫んでいたけど、本当かな?

ちなみにグランビア通りってどんな感じ?とお思いの方は、こちらの映画を観ましょう。
『オープン・ユア・アイズ Abre los ojos (1997年スペイン)』 by アレハンドロ・アメナバル Alejandro Amenábar
b0146907_11284468.jpg
オープニングシーン。エドゥアルド・ノリエガ Eduardo Noriega 演じる主人公がシャワーを浴びて車で出かけます。街に誰もいないことに気がつく。

車を降りて呆然としている場所がグランビア通りです。スクリーンの奥に見えるのがスペイン広場付近の高層ビル。

あっ、トム・クルーズが作ったハリウッド・リメイク版の『バニラ・スカイ』は、見る価値ないぞ! 
トム・クルーズのファンの方々、失言お許しください。



話を戻して、ゲイ・パレード。

パレードのお約束、凱旋トラック(?)は、既に残すところ最後の数台だった。バルセロナからのトラックの次に登場したエレクトロ・ポップグループ Fangoria

左の女性はスペイン人なら誰でも知っている歌手Alaska。ちなみに今年46歳。
b0146907_11334053.jpg
Fangoria は90年代がメインだけどAlaska はそれ以前から数々のグループを形成してきた80年代の女王

同性愛者のイコンとしても有名。彼女は同性愛者じゃないけどね。

1975年の独裁者フランコの死によってスペインは大きな転換期を迎えた。マドリッドの若者の間で起きたカウンターカルチャーは Movida madrileña (もびだ・まどりれーにゃ:マドリッド・ムーブメント) と呼ばれ、スペイン全土に広がっていく。

この時代の中心人物のひとりが Alaska。ちなみにアルモドバル監督もこの時代の寵児。

Viva 80年代!

レインボー・フラッグ掲げてトラックで登場した Alaska。一番右の女性。写真、見にくいね…。
女王参上
b0146907_11482140.jpg

Alaskaの登場で、トラックの人達も見物客も、パワー全開、熱気最高潮。ちょっと、感動すら覚えた瞬間。


以下、パレードで取った写真と、街全体がディスコ状態になっていたパレード前夜のチュエカ地区で取った写真。いやぁ、祭典ですな。

b0146907_1154452.jpg

b0146907_11574369.jpg

b0146907_1157596.jpg

こちら↓チュエカ地区の一角。普通の道にステージ作って口パクコンサート。
b0146907_1215594.jpg

人の多さで正面写真が撮れず残念。昨日のチュエカで一番人気といっても過言じゃないくらい美しかった。
b0146907_1233523.jpg


そして、宴の後に残された大量のごみ…。清掃員の皆さんの熟練の技であっという間にきれいになりました♪
b0146907_123542.jpg

[PR]
by dias-madriz | 2009-07-05 06:11 | Cultura | Trackback | Comments(2)

Semana de la comida japonesa

暑い、暑い、暑いぃぃぃ…。

自宅にはエアコンがないから、涼を求めてショッピング♪って大胆な言い訳。セール真っ最中だしね。

パンツスーツだの、ワンピースだの普段の生活に関係ないものを買っているのは、暑さで思考回路が弱っているからだろうか。

下着屋 Women'secret では、こんなビニールバッグを買い、Camper ではこんなゴム草履を買い、何だかビーチにでも繰り出す勢いですが、行きません。近所のプール目的で買ったけど、結局普段使いになっている。
b0146907_19511011.jpg

6月はスペインの学期末だから、学生や子供達はただ今夏休み満喫中。社会人も7月から夏休みを取り始める人が多い。私の周りでは、今年の夏も日本へ遊びに行くスペイン人がやたらと多い。

で、納会兼ねて壮行会の日々~♪私はまだ夏休みぢゃあないんだけどさ…。

壮行会と言えば、去年と同様に日本食

今年の壮行会第一弾は JANATOMO

「じゃなとも」 ではなく 「はなとも (花友)」 と読みます。スペイン語は 「H」 を発音しないから HANATOMO だと 「あなとも」 って発音されちゃうからね。

カツ丼だの天丼だの、どんぶり物でガツンとね。
b0146907_1950610.jpgb0146907_19503958.jpg










今日の壮行会も 「花友」 だった。本日はラーメン、刺身、シュウマイ(ちなみに絶品)、親子丼、だのアラカルトでやっぱりガツンとね。

参加メンバーの一人が誕生日だったので、全て彼のおごりだった。スペインは誕生日の人がみんなにご馳走するという変な習慣がある。

ちなみに先週は私の誕生日だった。相棒F氏と行ったのは、大好きな 「美山」。今回は美山のオススメが少しずつ試せるコースを注文。イベリコ豚の豚汁もありました。

私はスペイン人じゃないのでスペイン方式の誕生日はしない。F氏、ご馳走様♪

そうそう、最近「美山2号店」が出来たけど、私たちは断然1号店派!1号店の方が絶対に美味しいよ。

b0146907_2032181.jpgb0146907_2034130.jpg










b0146907_207880.jpgb0146907_2072442.jpg










ちなみに 「花友」 はチュエカ地区にあります。ただ今、マドリッドではゲイ・プライド Orgullo Gay 週間。メインパレードは明日の土曜日です。

そして、私の日本食週間は、まだまだ続く。あぁぁぁぁ、素晴らしい♪
[PR]
by dias-madriz | 2009-07-03 01:39 | Vida | Trackback | Comments(0)