マドリッドから発信


by dias-madriz
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

<   2009年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧

La Noche de San Juan

気がついたら、もう夏至。マドリッド、既に暑いです…。

「夏至」 はスペイン語で solsticio de verano だけど、日常会話では 「San Juan サン・フアン (聖ヨハネ)」って言う人が多い。

もちろん、聖ヨハネは聖人であって、夏至ではない (当たり前だ)。

夏至は6月21日。

そして夏至に近い6月23日は聖ヨハネの日。

23日の夜は La Noche de San Juan (ら・のちぇ・で・さん・ふあん:サン・フアンの夜)という行事がある。

Hogueras de San Juan (おげらす・で・さん・ふあん:サン・フアンの焚き火)とも呼ばれる。

夏至とともに太陽が日に日に弱くなっていくから、太陽にパワーを与えるために焚き火をするそうな。

こんな感じ↓
b0146907_931164.jpg
友達同士、家族ぐるみで焚き火をして、サーカスよろしく火の上ををジャンプ!

調べてみたら、この行事はスペインでも北部や地中海沿いの地方が有名らしい。夏至のすぐ後に行われるから、夏至のことをサン・フアンって言う人が多いのね。

写真はうちの近所の公園での「サン・フアンの夜」。行事と言うより、ただの町内会って感じだった。マドリッドだからかな?うちの近所だからかな?

ちなみに私はこの界隈に住んでから4年になるが、「サン・フアンの夜」へ行ったのは今年が初めて。

なぜか?

うちは、この教会の裏にあるんだけど、(あっ、例の引越し騒動の顛末は古いアパートに留まる事で終了)うちの近所は教会だけじゃなくて、馬鹿でかい神学校もある。

界隈全体の雰囲気は下町そのものなんだけど、私のアパートがある一角だけは、「カトリック教会都市」みたいなんだよね。

で、今日の「サン・フアンの夜」の集会は教会に隣接している公園で行われた。サン・フアンだけじゃなくて別の意味も兼ねて…。

公園の隣には、カトリック教会所有の広大な敷地があるんだけど、そこに教会関係者(だけ)のための宿泊施設やら、センターやらを建設することが決定した。

まあ、ここは、今までも一般人には開放されてはいなかったから、どーでもいいって言えばそれまでだが、少なくとも緑豊かな敷地で、景観の点では地域住民も楽しんでいた。


それがっ、全部セメントだらけの建物になってしまう…。


それだけじゃなくて、近所の人の憩いの場である公園にも複合スポーツセンターを建設するだの、何だので、結局は緑がぜーんぶ無くなってしまうのね。

公園が消えるだけじゃない。私たちの近所が全てカトリック教会関係の建物で覆われてしまう。

公園は住民のため、一般人のためだった。でもこれから建設されるものは、カトリック教会関係者のためだけなのだ。

そりゃあ、住民は怒りますわ。

そんなこんなで、今日の 「サン・フアンの夜」 は地域住民によるちょっとしたデモ活動でもあった。
b0146907_10183787.jpg

カトリック教会都市は我々のエリアから、そして公園から出て行け!
ノー!ミニ・バチカン!」

文字にすると、なんだか深刻なデモ活動みたいだけど、そこはやっぱりスペイン人。しかも今夜の本来の目的は 「サン・フアンの夜」 だしね。

多分80%以上の人は単なる集会と称して公園に集まって飲んだくれているだけね♪

学芸会みたいな ミニ・コンサートもあったし。
b0146907_1024594.jpg
b0146907_10264316.jpg
町内会のど自慢大会に参加している感のあるラッパーなワカモノ達。

ケ・パサ!? バレ! バレ!シィ!シィ!」

と聞いているだけで笑えたわん♪ (英語だと、ホワッツ・アップ? オーケー!イェーイ!って感じ。あはははは♪)
[PR]
by dias-madriz | 2009-06-23 23:40 | Cultura | Trackback | Comments(0)

Plaza de Olavide

週末はかなり涼しいマドリッドでした。

つい最近まで35℃近くあったから、もう、夏です!って思っていたけど、やっぱり6月の中旬までは天候がはっきりしない。

この時期に天気の話をすると、必ず出てくる諺がある。

私も何人ものスペイン人に言われたっけ。ちなみに、スペイン人の若者から言われたことはない(笑)。諺を使う世代ってのは、どこの国も同じかもね。

Hasta el cuarenta de mayo no te quites el sayo

(あすた える くわれんた で まじょ のー てきてす える さじょ)

5月40日まではsayo (スモック) を脱ぐな」 つまり、

6月10日までは冬服は出しておこう」ってこと。

Sayo は辞書で引くと 「スモック、だぶだぶの服」と載っている。でも日常生活でコートや上着などの意味として、Sayo を使う人はいない。

Mayo (まじょ) と Sayo (さじょ) で韻を踏ませるために使われているのね。


さて、スペインの夏と言えば、terraza (てらさ:テラス) で1杯!ですが、実はワタクシ、夏本番のテラスは好きじゃない。

理由は簡単。暑すぎるのだ。

今日みたいに、ちょっと肌寒いくらいのテラスが大好き。

こちら、Plaza de Olavide (ぷらさ で おらびで) のテラス。緑がたくさんある広場。
b0146907_81178.jpg

マドリッドのセントロ (Centro:中心部) にあるテラスとは違って、車道に面していないから、とーってもリラックス♪


ファミリー連れも多い、ローカル仕様のテラス。広場を囲むように、バルやレストランがありますが、オススメはこちら。
b0146907_7592642.jpg


スペイン風オムレツ (ピーマン付き) とサラダのセット。
Tortilla con pimientos y ensalada
b0146907_813792.jpg

トルティージャ (オムレツ) は丸々一枚ドーン。サラダもたっぷりでね。ハーフサイズもあるけどケチケチせずに豪快に行きましょう♪焼きたてのオムレツが出てくる可能性も高いしね。

もちろん、二人じゃ食べ切れないので、残りは包んでもらってお持ち帰り。

観光地からも近いので、旅行中にマドリッドの喧騒から離れたい旅行者の皆さんにもオススメです。

地下鉄1番線Iglesia駅か2番線Quevedo駅が最寄駅。
b0146907_821926.jpg
今日、広場にいたミュージシャンたちはジャズとボサノバをフュージョンで。いい感じでした♪
[PR]
by dias-madriz | 2009-06-08 00:52 | Comida | Trackback | Comments(0)
皆様、ご無沙汰しております。

5月に旅行したカセレス(相棒F氏の実家)の投稿もほったらかしにしたまま、気がつけば6月…。
今更って感じですのでカセレス旅行記は、またいつか改めて…。

今日は、日曜日~♪思う存分、寝床でダラダラしようと心に決めていたのに、相棒F氏に叩き起こされた。すでに12時過ぎでしたが…。

そう、今日は欧州議会選挙のスペイン投票日でしたね。

選挙権のない私には関係ないぢゃん!とブツブツ眠い目を擦りながら、近くの小学校までF氏に同行。まあ、たまには社会見学もしないとね。

偶然居合わせた同じアパートに住むセニョーラたちに挨拶しながら、投票会場へ入った私たち。

見た目からしてそのまんま外国人、アジア人の私は、会場に入っていいものかと、実は相当ビクビクしていた。入り口には警備員3人もいたしさ。


案の定、強面の警備員に 「キミねぇ…。」 と声をかけられたぞ!


「あっ、分かっています!相棒の付き添いで来ただけです。外で待っていまーす!」 と心の中で復唱しながら即答態勢に入った私。


警備員:「キミねぇ…。もう投票時間終わっちゃったよ~ん♪残念でしたぁ♪

私:「はぁ……。

相棒F氏:「madriz、何してんの?冗談に決まってるじゃん。早くおいで!

結局すんなり入れたワタクシ。警備員のお兄ちゃんたち、暇持て余していたのね。
びっくりさせるなよぉぉぉ!


この小学校、なかなか可愛らしいね。
b0146907_6261330.jpg



さて、入り口には、こ~んな山積みの紙。各政党ごとに分かれている。投票できない私はかなり暇だったので、いくつあるか数えてみた。何と35政党もあったぞ。
b0146907_6271388.jpg



動物虐待に反対するアンチ闘牛党ってのもありました。知らなかったなぁ。
b0146907_6282166.jpg
この政党のシンボル、背中に banderilla (ばんでりーじゃ:闘牛の勢いを弱らせるためにブスっと刺す飾りつきの槍)が何本も刺さっていて、血を吐いている闘牛ちゃん。なんともリアルな…。


投票する人たちは、自分が投票したい政党の紙を取り、それを封筒へ入れてから投票箱に入れる。

仕切りも何にもない。これじゃあ、誰がどの政党に投票するかすぐにバレてしまう。政治的緊張のある地域だったら、このやり方はちょっとマズいんじゃないかしらん。

でも、誰もそんなことを気にする様子はなく、さっさと紙を取って投票箱の設置してある教室へ流れていく。

むしろ、番犬よろしく投票するF氏を待っていた外国人の私のほうが、来る人来る人じぃぃぃーっと見つめていて、かなり怪しい人物だったよ。

無事投票も終わり、気がついたらもう3時半。お昼ごはんの時間~♪選挙に関係ないので、投稿分けます。
[PR]
by dias-madriz | 2009-06-07 23:16 | Vida | Trackback | Comments(2)