マドリッドから発信


by dias-madriz
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ:Vida( 48 )

Por África

エボラ出血熱に感染した看護師のスペイン人女性。El Pais紙の電話インタビューで「防護服&手袋を脱いだ時に感染したのかも」と答えた。手袋をしたまま自分の顔を触ったらしい。

この女性看護師は自ら志願して先日エボラ出血熱で亡くなったスペイン人神父の治療チームに看護助手として加わった。とても勇敢な看護師だと思う。助手という立場だから、エボラ患者の身体を拭いたり、嘔吐物処理、治療器具の片付けなどいわゆる「汚い仕事」も担当。

スペイン人神父の死亡後、彼女は体調不良(微熱、無気力、腰痛)になり地域の診療所へ行くが、自分がエボラ患者の看護助手をした事実は伝えなかった。

ちなみにスペインはホームドクター制で、まず管轄の診療所に行き、病状によって専門医を予約してもらう。風邪など軽い症状の場合はその場で診断&処方箋が出ます。

その後も体調は優れず、診療所以外の病院に電話で自分の症状やエボラで死亡したスペイン人神父の看護助手であったことを伝える。数日後に救急車で病院に搬送されエボラ出血熱の陽性反応が確認された。

入院中の看護師は熱は下がって落ち着いているらしい。このまま回復されることを祈るばかりです。

エボラ患者の看護師だったことを診療所のドクターに隠していた、微熱と言いながら本当はもっと高熱だったんじゃないか、エボラ患者に触れた手で自分の顔を触るなんて不注意も甚だしいとか、批判の声も多いです。

でも、彼女のみならず、保健当局、医師団などエボラに関わった全ての人の危機管理能力があまり高くなかったのが一番の問題なのかと。

38.6度以上の高熱じゃなかったからエボラの可能性は低かったとか、いわゆるガイドラインを信じ過ぎていた感もあり。しかも、救急車を派遣した時点で彼女がエボラで死亡したスペイン人神父の看護助手だった事実は分かっていたにもかかわらず、救急隊員は防護服なしの通常の救急車で彼女を病院まで搬送している。

感情的に闇雲に不安に陥り、起こってしまったことを責めるより、今後の対策、更なる感染予防の強化を期待するのみです。エボラに感染したというだけでも大きな十字架を背負っているのに、感染拡大の要因責任まで一人の看護師に負わせるのはフェアじゃない。

彼女を診断したホームドクター、救急隊員、病院関係者、彼女に脱毛処理を施した美容師等、彼女と接触した全ての人々はアンダーコントロール状態です。今現在、3次感染の報告は無い。

ちなみに看護師の夫も同じ病院に隔離されています。そして二人が飼っていた犬は詳しい検査も隔離もされず先ほど殺処分されました…。犬の殺処分反対を訴えchange.orgでは40万近い署名が集まり、マドリッドではデモ隊と警察のかなり激しい衝突がありました。
b0146907_744175.jpg
個人的には、今回のエボラに関しては人間を守ることが第一という考えは理解できる。でも立ち入り禁止になった看護師の自宅に一人(一匹?)残された犬の写真や映像を見ると、猫飼いである私としてはいたたまれなくなってしまう。動物とはいえ家族なんだ。同時に、今回の過激すぎる動物愛護の姿を見ると、その勢いを数千人の命を奪ったエボラ防止のため、アフリカのために使えないのかなとも思う。難しいね。

アメリカでもエボラによる死者が出た!ヨーロッパのこれ以上の拡大を阻止しよう!アジアだって安心していられない!などなど、意識を強めることはとても大切だけど、アフリカでは毎日のようにエボラで人が死んでいるんだ。もっと早くにエボラ対策をアフリカに援助していたら…。自分に危険が迫った時だけではなく、常に他の人のことも考えらるような人に私はなりたい。

次回、日本へ帰国する時にスペイン帰りということで差別されないといいなぁ。その昔、アジアでSARSが猛威をふるっていた時、ヨーロッパで差別されたアジア人がいたとかいないとか。いかなる状況でも風評被害には反対です。
[PR]
by dias-madriz | 2014-10-08 21:06 | Vida | Trackback | Comments(0)

lo que faltaba

アパート全体の修復工事が延期になった...(号泣)。もうさあー、とっとと仕事しようよスペイン人!


我が家のリフォームはいつ発注できるんだろうか。きっと100年後だな。


台所の廃墟具合が特に酷い。壁は変な黄色だし、天井はボロボロ。精神衛生上たいへんよろしくないのだ。


ペンキ塗りやっちゃおうかな♪


業者に頼めば楽だけど、どーせアパート修繕や我が家のリフォームが始まったらぜーんぶ剥がされちゃうからさ。


もったいない、もったいない。節約しましょ♪

って調子に乗ってペンキ塗りスタートしたら、ハシゴ使ってもここから先が届かない...。
b0146907_3355083.jpg

一番長いハシゴ買ったとしても天井は無理そうだなぁ。はぁぁぁ...。


新品の冷蔵庫が廃墟にポツン...。シュールな日常。
[PR]
by dias-madriz | 2012-07-05 02:42 | Vida | Trackback | Comments(0)

¿Nueva casa?

マドリッドに戻って、新居で生活スタートです♪♪♪


なーんて無理やり気分を高めているけど、ホントは地獄のような日々…。


日本からスーツケース4個と手荷物4個を抱えて、引越しダンボール箱が溢れ返っている新居(廃墟)に到着したのは2週間前。


ガスもお湯もキッチンも家具も家電も電話もインターネットも無い…。無い、無い、無い…。そりゃぁ、何にも無いよね。もともとリフォーム必須の物件に無理やり引っ越したんだから…。



住める状態の家じゃないんだよね(怒)!



あるのは水道と電圧の低い電気とスーツケースと引越しダンボール箱の山、山、山…。


マドリッドに戻ってくる前から分かっていたことだし覚悟はしていたけど、日本であまりにも快適な4ヶ月を過ごした身としては、自宅でホームレス状態は辛いのよ…。


毎日ダンボールをひっくり返して洋服を探す生活。手っ取り早くIKEAで洋服ダンスを購入し、少しはまともな生活になりつつある今日この頃。


今週になってよーやく電話とインターネットはも開通。もうすぐ冷蔵庫も洗濯機もやって来る。ガスコンロも注文したから自炊も出来るようになる。


んんん???


でも肝心のガスはいつ開通するんだっけ???


工事予定日はすっかり過ぎていますが…。


はぁぁぁ、そろそろ修行僧よろしくの水浴び生活も限界なんだよなぁぁ…。



もはやスペインと日本を比べるなんて大それたことはしないけど、それでも今回の新居購入&引越しに関する諸々の手続きでは改めてスペインという国に呆れまくり。



それでも少しずつ廃墟から住宅に変わりつつある我が家。なぜ廃墟、廃墟と連呼するかと言うと、実際廃墟に近い状態の物件を買ったんです。


自分達の住居スペースのリフォームは勿論だけど、100年以上も昔の建物だからそれ自体を修復する必要があるのだ。


日本にいる間に自分達のリフォームを終わらせて、数年後に建物の外観や共有部分などの修復が始まる予定だった。By 建築家のお墨付きの意見♪


がっ!!!建物の修復が予想以上に厄介だということが判明し、住居部分のリフォームは先に出来ないよん、と相成った。おいおい!


実際のところは、「リフォーム出来るから、君達は安心して日本に行っていらっしゃい♪」という建築家をどーしても信用できなかった私達。


私と一緒に日本に行くのを断念した相棒F氏。色々調べはじめ、建築家にしつこくしつこく問い詰めたところ、なんと、建物修復の重要な部分を見落としていたという!


建築家の意見を鵜呑みにして、先に自分達のリフォームをしていたら…、と考えると背筋が凍りますよ。建物の修復が始まったら、せっかくリフォームした私達の天井も壁も床もぜーんぶ剥がされちゃうからね。



おい!インチキ建築家!訴えてやる!



などと息巻いても時間の無駄。冗談抜きで、スペインにはこーいういい加減な輩は山ほどいる。


スペイン人は家族や友人として個人レベルで付き合う分には問題ないけど、仕事や取引、契約、諸手続きとなると要注意。


どんなにその道のプロと言われようとも、その案件の担当者だと言われようとも、個人的にその人を知らない限り、私は絶対に信用しない。セカンドオピニオン以上は必須。


いい加減な情報を与えて、後でそれが間違っていたと判明しても、悪びれずに言い訳を正論としてまくし立てるか、言った言わないの水掛け論に陥るかが関の山だからね。



もともとリフォーム&建物修復を承知の上で購入した物件。今すぐリフォームして快適な生活は出来なくなったけど、こうなったら廃墟は廃墟なりに楽しむことにしよう。


デカダンスな雰囲気と割り切って、無理やり前向き生活スタートです。
b0146907_1212527.jpg

[PR]
by dias-madriz | 2012-05-17 13:14 | Vida | Trackback | Comments(0)

Es que estamos en Japón

やっと日本にやって来た相棒F氏。

到着早々、ロストバゲージで落ち込んでいるかと思いきや、相変わらず日本に感動しまくっている。


「もうさ、何度も謝られちゃって、こっちが恐縮しちゃったよ。」


そりゃそーだ。悪いのはスイスインターナショナルエアラインズであって、成田空港の人じゃない。


最後まで一人でポツンと荷物を待っていたF氏に2、3人の職員が入れ替わり立ち替わりやって来て「アイムソーリー」を連呼したという。


さてさて、外出第一弾は近所のお散歩。まだ時差ボケあるからねえ。

桜の季節は初めてのF氏。またまた感動しまくり。

なかなか雰囲気のいいお寺発見。
b0146907_2514710.jpg


b0146907_2514917.jpg


b0146907_2515148.jpg



お散歩帰りにUNIQLOでパンツ2本お買い上げ。


「madriz、裾上げって何日くらいかかるか聞いてくれる?」


えっ?もしかして日単位で考えちゃってる?


店員さん:「只今、40分ほどお時間いただいております。申し訳ございません。」


えっ?そんなにびっくりするな、我が相棒。


だってアタシたち日本にいるのよん??
[PR]
by dias-madriz | 2012-04-13 01:09 | Vida | Trackback | Comments(0)

Nuevo iPad

新しいiPad

b0146907_2333164.jpg

文字通り私たちにとっては新しいiPad。


スペインで買ったiPad2は相棒F氏がバスの中に置き忘れて、たった2週間でお別れしたのよね…。


たった一人でスペインに残って不良物件と格闘している相棒F氏へのちょっとしたご褒美♪ たまには優しくしないとねー。単発仕事のお給金が消えたけどさ…。


昨日、悪戦苦闘して保護フィルムを貼ってみたら、なんと3つも傷がついている不良品フィルムだった。


早速、ヨドバシカメラに文句を言いに行ったら、ものすごい低姿勢でお詫びされ速攻新品に交換してくれました。


さすがヨドバシカメラ。


調子に乗って「保護フィルム貼ってくれませんか?」とお願いしたら、丁重にお断りされた。


iPadに保護フィルム貼るのって難しいのよね。すぐホコリとか気泡とか入っちゃうし。


AFP Crystal FILM set for iPad2(新しいiPadにも対応)は私でも結構きれいに貼れました。もう一枚買ってスペインに持って帰ろっと。


でも、あれですね。日本にいると購買力が刺激されるというか、ついつい買い物しちゃいますね。


スペインで使っていたiPad2には保護フィルムもケースもつけなかったのに、今回は色々物色している私。だってスペインにはこんなにたくさんの種類が売っていないんだもん。無いものは買えないよねぇ。


その点、日本には何でもあるから、買う気があってもなくても頭の中は既に「どれにしよーかなー」と選択モード。


無駄使いしないようにしなきゃね。


余談ですが、ヨドバシカメラ贔屓の私たち。店員さんの対応がいいのはもちろんだけど、皆さん知識がとても豊富というか、この仕事好きです!って人が多いと思われる。


相棒F氏のマニアックな質問にも丁寧に答えてくれるし、店員さんもその手の話が嫌いじゃない。


去年訪れた某所ヨドバシカメラのヘッドホンコーナーの店員さんは相棒F氏に勝るとも劣らない音響オタクだった。

もう君たち友達ですか?ってくらい盛り上がっていたけど、横で必死に通訳している私の身にもなっておくれ!

ついでに言うと、その時買ったヘッドホンは iPad2と一緒にバスに置き忘れて失くしちゃったわねぇ・・・(遠い目)。


相棒F氏にとってヨドバシカメラや秋葉原の専門店はもうワンダーランド状態。


アンプやDAC(全然分かりません、私…)を改造して音質を高めようと、リュックサック背負って秋葉原の部品屋さんへ出かけるF氏の後姿はもう立派なオタク。


欲しい部品をゲットして満足気に帰宅したF氏。私の父に秋葉原訪問の報告。


「アキハバラには西洋風の服を着た女性がたくさんいてびっくりしました(通訳:私)。」


あー、それはメイドさんやゴスロリ系の人たちだね。たぶん外国人にとっての最近の秋葉原はそっちの方で有名だと思われますが…。


もうすぐ日本へやってくる相棒F氏。新しいiPadを失くした暁にはNORAと一緒に実家に帰らせていただきます。
[PR]
by dias-madriz | 2012-03-30 00:56 | Vida | Trackback | Comments(0)

¡Es un chollo!

ちょっとしたミッションで麻布十番。たぶん、こんなにじっくり十番散策をしたのは25年ぶりくらい。


わさび狸食べながらこれ書いています。美味しい~♪
もう一袋買うべきだった。
b0146907_2291695.jpg
b0146907_2292896.jpg
b0146907_2294271.jpg

ミッションそっちのけで食べまくり、しゃべりまくり:)


次のミッションも楽しみだなぁ。
[PR]
by dias-madriz | 2012-03-28 22:22 | Vida | Trackback | Comments(0)

¡Qué casualidad!

相棒F氏が送ってきた最近のNORA
b0146907_29042.jpg
まー、しばらく会わないうちにすっかりブサイクになっちゃって。



さてさて、先週やっていたオフィスワークもまだ少し残っているけど、今週から新しい単発お仕事の始まり~♪


調子に乗って単発仕事の掛け持ちしたら、なんと12日間連続勤務…。おばちゃん体に鞭打って働いております。


頑張れアタシ!あと1週間の我慢だ。4月からは相棒F氏と日本を満喫するぞ。



新しい単発仕事ではなんと10年以上も前に働いていた会社の同僚に遭遇。なんたる偶然!彼女のお蔭で今回の仕事がとーっても楽しい♪



スペインに行く前、日本で8年くらい合計4社で働いた(転職しすぎ?根性なし?)。どの職場でも幸いなことに人間関係には恵まれ、どの職場の人とも今でも連絡を取っている。



でもやっぱりこちらを通じて出会った同僚たちとの思い出はいつまで消えることはない。今回偶然に再会した彼女とも、その思い出話が尽きない今日この頃。



今年は懐かしい人に遭遇する機会が多い。



Facebookでは予備校時代の友人を発見。こちらは20年(ホントはそれ以上)ぶりね。今はアントワープに住んでいるらしい。


相棒F氏のブリュッセル時代を思い出し、久しぶりにベルギーに行きたくなった。



再会っていいですねー。離れていた時間の中でお互い色々な人生を歩んできたけど、一瞬にして昔に戻れる。



そして今回の日本滞在のメインイベントが間もなくやってくる。


大好きな友人の一人が1週間だけ日本に帰って来る。もーいーくつ寝るとーーーーー♪と楽しみにしているわよん。



今年のテーマは再会でいきます♪
[PR]
by dias-madriz | 2012-03-14 02:12 | Vida | Trackback | Comments(0)

Estoy practicando...

ホントはNORAを撮りたいんだけどなぁ。。。



b0146907_2154899.jpg




b0146907_21542886.jpg




b0146907_21543873.jpg




b0146907_21544951.jpg




b0146907_21545856.jpg




トイデジまだまだ練習中…。
[PR]
by dias-madriz | 2012-03-12 22:01 | Vida | Trackback | Comments(0)

SQ30mL

相変わらず相棒F氏はマドリッドに残って、不良購入物件の処理に追われる日々…。


家(と言ってもNORAの額くらいの小さなアパートメント)を買ってから3カ月が経とうとしている今日この頃。


結局なーんにも状況は変わらず、買った当時と変わらないボロ家。いつになったら住めるのだろうか…。


結局、F氏は4/10に来日予定。その分、私の日本滞在も伸びるのでトータル4か月の日本生活になりそうです。


こんなに長い日本滞在は初めて。でも久しぶりの日本満喫♪なーんて言うには実は長すぎるのね。



滞在が生活に変わりつつ、要は暇すぎるので、派遣会社に登録して色んな単発のお仕事を始めました。日本社会で8年以上もブランクのあるワタクシが仕事を頂けるなんて、それだけで有難いことですわ。



今やっているのはトータル10日間くらいのオフィスワーク。雰囲気も良く、卒業を控えた大学生や主婦など一緒に働いている人も様々。派遣会社の担当者や派遣先企業からおやつの差し入れもたくさん。



前回派遣されたところは若者オンリーのハイテクなベンチャー企業だったので、おばちゃんアタフタしていましたが、今回は精神的にリラックス。みんなで和気あいあい、おやつも美味しいし♪


久しぶりの日本でのお給料記念(まだ貰っていないけど)にトイデジ買いました。


私が買ったのはこちら。こーいう買い物はやっぱり日本だなぁ。


今日のランチで試し撮り。もっと面白いモノを撮らなければ…(汗)。

b0146907_0233567.jpg

b0146907_0231585.jpg

b0146907_0235210.jpg


これでボロ家を撮れば少しは気分も晴れるかしらん。
[PR]
by dias-madriz | 2012-03-09 00:31 | Vida | Trackback | Comments(0)

¡Vaya qué frío!

日本に一時帰国してから既に1か月が過ぎ…。日本は寒いですねぇぇぇ…。

マドリッドも冬は寒いし、0度以下になることもあるけど、日本の方が寒い気がするのは実家が古い一軒家だからかしらん。


ちなみに一緒に帰国予定だった相棒F氏はなぜかマドリッドに残ったまま。と言うことはNORAをF氏ママ宅に3か月預ける案は保留となり、マドリッドでオジさん&猫1匹仲良く暮らしているとのこと。NORAのためには結果オーライかな。


F氏 Skype通信によると、我がNORAはものすごく元気で、ものすごく甘えん坊で、夜はF氏の布団に潜り込み一緒に寝ているそうな。

あぁぁぁぁ、絶対私のことなんか忘れちゃったんだろうな…(あっ、NORAのことね。F氏に忘れられても大したショックは無い)。Skype越しに映るNORAはもうF氏にスリスリ…。うーん、悔しいなあ。


裏切り者のNORAはこの際ほっといて、実家猫のGUGU(命名者:父)初登場。
b0146907_1434898.jpg

GUGUは私がスペインに旅立つ前日に父が横浜の動物病院からもらってきた猫だから、個人的な思い入れはゼロ。

しかも愛しの我がNORAの1.5倍はありそうな図体とデビルマン並みの天然アイライン顔で低音聞かせてニャーニャーうるさいことと言ったら。


この8年間で一時帰国する時だけの顔合わせだから、常に「初めまして」状態の私たち。GUGUだって私のことを「誰?何の用?」って思っているはず。


30年前から現在に至るまで、実家には常に猫がいる。多い時は4匹くらい同時に暮らしていたけれど、実際世話をしていたのは亡き母親。私としては猫を飼っている感覚はあまりなかった。「あっ、また猫増えたのね。」みたいな。


ちなみに過去には、犬2匹、文鳥2羽、猫4匹という時期もあった。意外と動物一家なのねぇと改めて実感。


去年、黒猫MIMIが亡くなり、我が家で初めての一猫っ子になったGUGU。父と一緒に仲良く暮らしているようで、何より何より。


ここ数年は相棒F氏も一緒に日本に来るけど、GUGUったら私にはツレナイくせに相棒F氏にはスリスリして甘えまくり。


どいつもこいつもF氏にばっかり懐きやがってどういうことだ?F氏は決して猫好き人間じゃないのになぁ。


でも、NORAの甘えん坊ぶりにF氏も少しデレデレしている様子。実際、NORAと遊ぶのはF氏担当。闘牛よろしく、紐やら洗濯物やらヒラヒラさせていつもNORAに立ち向かっているF氏…。まあ、仲がよろしくて何より何より。


最近猫ブログと化していますが、スペインで家を買うというテーマなど…。


12月にマドリッドで格安物件を見つけ、リフォーム計画&実行、日本に3か月滞在し、4月から新居で新生活スタート!ってはずだったのに、そりゃあスペインだもの、そー簡単には行かないのねん。


いい加減な業者、才能ゼロな高飛車建築家、リフォーム許可申請をのんびり処理するスペインお役所、問題ありな階下の住人…、まー書いたらキリがないこと。というわけでF氏の来日実現ならず…。


4月からの新生活は暗礁に乗り上げそうだけど、キーキー腹を立てても仕方がない。スペイン仕事だからねえ…。


F氏曰く、よーやくメドがつきそうで3月に日本に来れるかも…、って無理しなくていいのよん♪私一人の方が日本満喫できるしね♪

NORAの近況だけ教えてくれればよろしくてよ。



今回の教訓:スペインで家を買うな。



まーF氏さん、買っちゃったもんは仕方がない。いつかは解決するさ、ケ・セラ・セラァァァ♪

いっそのこと、日本に住みませんかね?F氏さん。ワタクシ大歓迎ですよん
[PR]
by dias-madriz | 2012-02-10 01:54 | Vida | Trackback | Comments(0)