マドリッドから発信


by dias-madriz
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ:SARA( 2 )

Protección Felina

すっかり我が家に慣れてきたSARAさん。
b0146907_9101381.jpg



初日は瞳孔全開で真っ赤になりながらオドオドご飯食べていたのにね。
b0146907_9104775.jpg



最近はすっかりリラックスモードで、バルコニー散策などなど。
b0146907_911211.jpg

ちなみにこの写真↑我が家の廃墟具合がはっきり分かってしまうね…(汗)。


SARAさんはこちらの里親探しボランティア団体を通じて我が家ににやって来ました。

Protección Felina

ちなみにマドリッドにはProtección Felina以外にも幾つかボランティア団体があります。


気になる猫がいれば、Protección Felinaのサイトからメールを出すと連絡が来ます。そして猫に会う前に、Protección Felinaの責任者との面接。私達が里親として適しているか判断されます。


と言っても、日本の里親探しよりもハードルはかなり低いと思う。日本の場合、単身者や高齢者、同棲カップルなどなど、状況によっては里親として受け入れてもらえない(又は条件付き)場合もあるらしい。


まあ日本には、里親とは名ばかりの悪人が猫や犬を引き取りその後虐待…なんてケースがチラホラあったから、ボランティア団体が慎重になるのも理解出来るけど、もし私達が日本で猫の里親になりたくても却下されるんだろうか。だって、日本では私達は単なる同棲カップル、そしてF氏はガイコクジン…。


話は戻り、SARAさんは一人暮らし高齢者である相棒F氏ママのために引き取った猫。


最初は責任者の人はF氏ママさんの年齢を考慮してSARAさんより高齢の猫をお勧めしていたけど、後継者(?)となり得る私達との面接で安心したみたい。つまり、私達は里親として適切な人物ということね〜。


特に、私が日本人であったことがポイント高かったと言うか、物凄く喜ばれた。話を聞いてみたところ、Protección Felinaの責任者は日本の猫事情にとても詳しいのね。

日本のボランティア団体が行っている活動(里親探し、地域猫保護など)を高く評価していて、是非日本に行ってみたいわぁぁぁぁ、と言う。


日本ってやっぱりすごいなと思う瞬間。


さてさて、責任者との面接も無事終了し、数日後にSARAさんに会いに、とあるお宅へ行きました。Protección Felinaの活動に参加しているスペイン人の大学生。SARAさん以外に4匹の猫、2匹の犬がいました。SARAさんとのフィーリングもバッチリだった私達。


Protección Felinaはワクチン接種と不妊手術を行ってから猫を引き渡します。里親希望者はその代金として100ユーロ+心付のお支払い。


んんん?お支払い?


って思うかもしれないけど、個人で猫の不妊手術を行う場合、スペインの相場は200〜400ユーロ、ワクチン接種、害虫駆除などで更に数十ユーロかかります。


そう考えると、Protección Felinaは100ユーロを受け取るだけで初回ワクチン、害虫駆除、不妊手術を全て請け負っているのね。


変な言い方だけど、個人で猫を拾ったり購入するよりも、獣医にかかる初期費用が低いです。


個人的な意見としては、「無料で猫を引き渡すけど、不妊手術やワクチンは里親さんよろしくね」というより信頼感があるかな。ボランティア団体としてレスキューした全ての猫の健康管理をしっかりしていると思います。


ちなみにプラスαの心付はお金じゃなくてもOK。キャットフードでもいいし、キャリーバッグでもゲージでも、猫に必要なものなら大歓迎だそうです。


面倒くさがり屋の私達は100ユーロと一緒にスズメの涙程度をお振込。


今じゃあすっかりうちの子SARAさん。既に1ヶ月になろうとしているのになぜまだマドリッドにいる???


そりゃあスペインですからね。予定通りに物事が進まんのよ。長くなるので続きはまたいつか。
b0146907_9114888.jpg

[PR]
by dias-madriz | 2012-06-20 10:20 | SARA | Trackback | Comments(2)

No soy NORA sino SARA

前回の投稿から1週間。

未だにガス無し生活(号泣)…。

洗濯機が届いて、イザ設置!となったら、洗濯機用の水道が無かった(嗚咽)…。

前の住人は洗濯板使っていたのかしらん。


新居について語りだしたら1冊くらい本が書けそうで、しかも99%はスペインの愚痴になりそうなので、久しぶりの猫ブログ♪


4ヶ月も日本にいたから、NORAが恋しくて恋しくて、ずーっと会えるのを楽しみにしていた。相棒F氏ママ宅で楽しく生活しているのは知っているけど、そろそろマドリッドに戻ってこよう!



久しぶり!NORA!
b0146907_961069.jpg


んんん???


NORAったら、ちょっと会わないうちに美人になったよーな気がする?


体の模様もなんだかちょっと変わった?元美容師のF氏ママがカラーリングしてくれたのかな?



実はこの猫はNORAじゃなくてSARAと言います。



改めまして、SARAです!今日うちに来たばかりだから、まだ緊張しています。
b0146907_965397.jpg



実は、SARAは相棒F氏ママのためにもらってきた猫。


私達が日本にいる間、NORAと一緒に生活していたF氏ママ。すっかり猫好きになってしまい、自分でも猫を飼いたいと言い始めた。


F氏ママは79歳で一人暮らし。お年の割には健康優良でとても元気。一人暮し歴も長いし、自由気ままに暮らしていたけど、NORAのおかげで猫の可愛さに目覚めたらしい。


一人暮らしって、ふとした瞬間に寂しくなったりするし、そんな時に動物がそばにいてくれたら心がほんわかするよね。私の父もGUGUのおかげでずいぶん気が紛れているみたいだし。


でも、可愛いから、癒されたいからってだけじゃあ、猫を飼うのはちょっと難しい…。


F氏ママは猫飼い歴2ヶ月(NORAね)といっても、病院に連れて行ったり、爪を切ったり、こまごました世話は出来ない(ブラッシングは上手。さすが元美容師)。


でも、我が相棒曰く、最近のF氏ママは電話でもイキイキしているしNORAの話ばかりしている。猫と一緒で生活にハリが出ているみたい、云々…。


こうなったら、F氏ママをサポートしましょう!何かあったら獣医さんに往診してもらえばいいし、私達がF氏ママが住むカセレスまでヘルプに行ってもOK。


早速、猫や犬の里親探しのボランティア団体のHPを色々見ていたら、SARAがいた。公園でレスキューされた猫(というよりSARA自ら歩み寄って来たらしい)で、11ヶ月くらい。温和で人懐っこい。見た目がNORAとそっくりなのは勿論だけど、レスキューされた経緯もそっくり。


運命といっちゃあ大げさだけど、何か感じるものがあった。早速ボランティア団体に連絡を取って、面接をして、書類を記入して、本日無事にSARA受け渡しと相成りました。


さてさて、SARAさん。今日から2週間ばかり私たちとマドリッドで生活して、落ち着いたらカセレスへ出発です。F氏ママがSARAに慣れるまで私達はカセレスに滞在して、その後NORAと一緒にマドリッドに戻ります。


NORAもSARAも移動ばかりさせてごめんよ…。


はぁぁぁ、それにしてもSARA可愛いなぁぁぁ♪。


あっ、勿論NORAのことは忘れていませんよ。やっぱりNORAは一番の我が猫です。SARAみたいに整った美人じゃないけど、それがまた良かったりしてね。前のアパートにて。必死になって遊びすぎて、気がついたらぐるぐる巻きになってしまい、またしても「哀」NORA。自業自得です。
b0146907_98371.jpg



ボランティア団体についてはまた別の機会に投稿しまーす。
[PR]
by dias-madriz | 2012-05-23 09:31 | SARA | Trackback | Comments(0)