マドリッドから発信


by dias-madriz
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

sin cafeína

b0146907_1129295.jpg
ペプシのライト・コーラ、しかもカフェインフリー。

ペプシに限らず、コカ・コーラでもスーパーのプライベートブランドのコーラでも、このカフェインフリーってのが必ず売っている。レストランや Bar、カフェなどでも注文できる。

カフェインフリーのコーラが当たり前のように存在するのは、カフェインに弱い人が結構いるからなのね。

ちなみに相棒F氏もその一人。コーヒーは全く飲まないし、普通のコーラ(もちろんライト・コーラかコカコーラ・ゼロを強制)は、夕方以降は絶対に飲まない。

「昨日の夜、コーラ飲んだから眠れなかったよ!」って何人ものスペイン人から聞いたことがある。物凄くびっくりしたね。コーラのカフェインがそんなに影響力あるとは…。

日本ではそんな人、滅多にいないと思うんだけど、どうだろうか。大体、カフェインフリーのコーラなんて普通に売っていないよね?

日本人は子供の時から緑茶を飲んでいるからカフェインに強いのかしらん。緑茶だのコーヒーだの、ガブガブ飲む私を見ながら、昔のルームメートに本気で心配された。「madriz そんなんでよく眠れるねー」って。

コーヒーのカフェインフリーなら、日本でも割りと知られているよね?デカフェとか呼ばれているかな。スペイン語だと descafeinado (デスカフェイナード)。

スペインのコーヒーをカフェや Bar で注文すると、ヨーロッパの一般的なカフェ同様、コーヒーマシンで一杯ずつ淹れてくれる。

コーヒー好きなら café solo (カフェ・ソロ:エスプレッソ) を頼むんだろうけど、私はいつも、 café americano (カフェ・アメリカーノ) つまりエスプレッソにお湯を足してもらってアメリカンにする。エスプレッソって、のど渇くんだよね。

ちなみに、アイス・コーヒーってのは日本独特の飲み方って、聞いたことがあるけど、スペインでも一応、冷たいコーヒーが飲めます。

café con hielo (カフェ・コン・イエロ) って言えば、熱いコーヒーの入ったカップと氷入りのコップを出してくれるので、あとは自分で混ぜるだけ。最初から混ぜてくれればいいのにね。

「カフェ」の部分を「café con leche カフェ・コン・レチェ: ミルクコーヒー」にすればアイス・カフェオレの出来上がり。

どれも冷たいと言うより、はっきり言ってぬるいんだけど夏は注文する人多いですな。ちなみに、日本みたいにアイスコーヒー専用のコーヒー豆なんてもちろん存在しませぬ。

Bar などでカフェインフリーのコーヒーを注文する場合、descafeinado de maquina (デスカフェイナード・デ・マキナ) とdescafeinado de sobre (デスカフェイナード・デ・ソブレ) の2種類。マキナはコーヒーマシンで淹れるもの、ソブレは袋に入ったもの、つまりインスタントですね。

せっかく外でコーヒー飲むんだし、私だったらマキナで注文するなーって思うけど、ソブレが存在するって事は注文する人がいるんだよね。自分でコーヒーの量を調節できるからかな?

カフェインフリーの飲み物が多いってのは、眠れる眠れないだけの問題じゃなく、妊婦さんをはじめ、カフェイン摂取が望ましくない人たちにとっても便利ですな。
[PR]
トラックバックURL : http://madriz.exblog.jp/tb/9622577
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by dias-madriz | 2008-10-03 22:27 | Comida | Trackback | Comments(0)