マドリッドから発信


by dias-madriz
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Escuela Oficial de Idiomas

スペインで生活する以上、スペイン語は無視することができない。いや、人によっては無視できるのかもしれない。英語が達者だとか(スペインではそれほど役に立たないけど)、自国コミュニティーのみで生活するとか…etc

私の英語レベルはゼロだし、スペインの日本人コミュニティーにも属していないし、おまけに相棒F氏は日本語レベルがゼロ…。

要は、スペイン語を知らないと日常生活がとても不便なのだ…。

ちなみに、日本へ旅行したことのあるスペイン人たちは「日本はまったく英語が通じない国だ!」と嘆いている(馬鹿にしている)けど、君たちの国の英語もそりゃあ、ひどいもんですぞ。人のフリ見る前に、わがフリ直そーぜ。

以前、スペインでスペイン語を学ぶ方法について触れた。

ある程度のスペイン語レベルを持つ外国人、しかもスペインに長期滞在している人が、それでも勉強を続けたい場合、公立語学学校へ行くのがお勧めだ。

私立語学学校は初級者がじっくり学ぶのに適している。公立語学学校でも初級クラスはあるが、一クラスあたりの生徒数が私立に比べると遥かに多いので、スペイン語の基礎は私立のほうが丁寧にじっくり学べる。

それにスペインへ長期留学する場合、公立語学学校では1年目の学生ビザの許可が下りないので、留学生はどちらにしても私立の語学学校か大学を選ぶしかない。

スペインの公立語学学校 Escuela Oficial de Idiomas (略してEOI )はスペイン各地方にある。

このEOI では、ありとあらゆる言語が学べる。むしろスペイン人のための外国語学校といったほうがいい。スペイン語クラスだけが外国人専用。

マドリッドのEOI で学べる言語は以下の通り。

スペイン語、カタラン語、バスク語、ガリシア語、英語、フランス語、イタリア語、ドイツ語、アラブ語、デンマーク語、ギリシャ語、ハンガリー語、アイルランド語、ポーランド語、ロシア語、オランダ語、ポルトガル語、スウェーデン語、フィンランド語、ルーマニア語、中国語、そして日本語。

これだけの言語が学べるってすごいねー。

EOI の語学レベルは5段階。レベル1 (primero) から始まり、レベル5 (quinto) が最上級。スペイン社会において、EOI の語学レベルは、個人の語学能力を測る基準にもなっている。

ちなみに、スペイン語能力を測る場合、セルバンテス文化センター(Instituto Cervantes)が主催する「DELE」 というインターナショナルに通用する検定試験がある。スペイン語圏外の国でスペイン語に関わる仕事をする場合、このタイトルは非常に有利だと思う。

EOIのレベル5は、DELEの上級レベル(superior)と同等に扱われる。もし、あなたがスペインで生活、就職などする場合、DELEのタイトルよりEOI のタイトルを持っているほうが、スペイン人には説明しやすい。スペイン人なら誰でもEOIの意味を分かっているからだ。

だからEOI は公立で学費が安いという理由だけでなく、語学能力を証明するのに有利という点からも、クラス希望者が多く、語学によっては長いウェイティング・リストができる。特に、英語や日本語は人気クラスなので入学するのは至難の業だ。

スペイン語クラスも応募者多数につき抽選になる可能性大。1回で入れなかったとしても諦めずにチャレンジしましょう。初級のレベル1からスタートできるけど、入学前にレベルテストを受ければ、結果によってはレベル3からスタートできます。

クラス期間は4ヶ月を1学期とする cuatrimestre。月~金まで毎日2時間のクラス。1年間に2学期ある。1学期は10月開始、試験は2月。2学期は2月開始、試験は6月。

試験は4科目。
Comprensión de Lectura 読解&文法
Expresión de Escrita 作文(手紙、レポート、感想文など)
Compresión de Oral 聴解(3種類)
Expresión de Oral 口頭(モノローグ&ダイアローグ)

1学期の試験に受かれば、2学期に上のレベルへ行ける。もし、試験に落ちても2学期目に同じレベルを繰り返す必要はない。9月に追試があるので、ほとんどの人はそれを待つ。しかも1回の試験で全科目に受かる必要はない。落ちた科目だけ(または全科目に落ちても)9月の追試で再チャレンジできる。

ただし、1学期目に数科目受かりつつも、同じレベルを2学期目に繰り返したら、受かった科目を保持することはできない。2学期目の試験(6月)で4科目全部を受けなければならない。

ちなみに私の場合、入学時にレベルテストをして、レベル3からスタートした。レベル3からは基本的に文法は学ばない。スペイン語の応用編だ。

今年の2月にレベル5の試験で聴解に失敗。今月、9月の追試で、どーにか合格!いやー、良かった、良かった。

ちなみに、レベル5の試験内容は100%時事問題。スペイン語云々より世の中のニュースにアンテナを張っておくのもいいかもしれない。

レベル5で一番難しいのは聴解試験だ!と豪語してもいい。スペインのラジオ放送(あえて音質の悪いもの)、南米のラジオ放送(スペインとはまったく違うイントネーション&語彙)などなど、ネイティブでさえ聞き取りにくい内容だ。

レベル4あたりまではラジオ放送だとしても音質は遥かにいい。ホアキン・コルテスへのインタビューなどもあったなあ。

今回の追試の聴解は今までで一番難しかった。試験官のスペイン語の先生ですら、聞き取り不可能と言い放った、2番目の問題。おいおい…。

ちなみに、全科目の試験問題はEOIの先生が作成するのではなく、教育省によるもの。だからあの先生、教師という立場で試験問題に納得できなかったのかもね。ちょっとご立腹でしたわ。

だからその部分だけ3回も聞かせてくれた(通常は2回そんな恩赦がなければ合格できませんでしたよ、ええ、白状しますとも。

そして追試会場で目立ったのはやっぱりアジア人の多さ。そーよねー、私たちには難しいのよねー。ABCが、あー、べー、せーだとか、女性系だの男性系だの接続法だのさ!はっきり言って、めんどくさいのよね。

アジア人同志よ、ともに恩赦合格を祝おう!私たちなりに、それなりに頑張ったもんね。
[PR]
トラックバックURL : http://madriz.exblog.jp/tb/9559057
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by megumiy at 2008-09-30 23:27 x
おめでとうございます!
すごいことですよ、合格。私なんか、もうフランス語、挫折中。
ヨーロッパ言語って面倒くさいです。接頭辞だの、リエゾンだの、もうむかつくほどに。それにくらべりゃ中国語は楽だった。

とにかく、やり遂げたわけですから、もうお祝いですよ!
乾杯しなくちゃ~!
Commented by dias-madriz at 2008-10-01 08:46
めぐみぃさんへ

ありがとうございます。めぐみぃさん、英語と中国語が完璧でフランス語も、って尊敬しまくりです。私スペイン語始めてから自分が語学センス無&語学嫌いってことに気がつきましたもん。ハハハ。

合格とは言え、思いっきり恩赦&ギリギリ成績ですよ…。これで学校は終わりましたが、実践ではまだまだボロボロな私。頑張らなきゃなーって思うけど、何より試験や追試のプレッシャーが無くなって良かったー!乾杯♪
Commented at 2011-03-31 11:05 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by dias-madriz at 2011-05-12 06:55
2011-03-31 11:05 の鍵コメさま

今更のお返事申し訳ございません。ログインすらせず、ずーっと放置状態でしたのでコメントをたった今拝見いたしました。残念ながら、ご質問の件は存じません。お役に立てなくてごめんなさい!
by dias-madriz | 2008-09-23 22:46 | Idioma | Trackback | Comments(4)