マドリッドから発信


by dias-madriz
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

MADRID 2016

世の中、「北京オリンピック」に湧いていますねー。スペインも「アテネオリンピック」の時よりも、オリンピックムードが熱い気がする。

なぜ???

最近、スペインのスポーツ界は大活躍だから♪

テニスの Rafa Nadal (ラファ・ナダル、本当はラファエルだけど、みんなラファと呼ぶ) は言わずと知れた名プレーヤー。

オリンピックには関係ないけど、F1 の Fernando Alonso (フェルナンド・アロンソ)なんかも、すっかり有名人よね。個人的にはあんまり好きじゃない。随所に見られる arrogante (あろがんて:傲慢) な発言が、ちょっと鼻につくのだ。

自転車だってすごいぞ。今年のEl Tour (ツール・ド・フランス)優勝者はスペイン人 Carlos Sastre (カルロス・サストレ)だし、El Giro (ジロ・デ・イタリア)優勝者もスペイン人 Alberto Contador (アルベルト・コンタドール、この人、2007年のEl Tour でも優勝)。

サッカーだってこの間、念願の Eurocopa 2008 を制覇したばかりだね。

それに、バスケットボールだってなかなかだ。
2006年に日本で開催されたEl Campeonato mundial (世界選手権)ではナント優勝してしまったよ。日本の皆さん、覚えていますか?

そんなこんなで、「北京オリンピック」のスペイン選手団に大いに期待を寄せているスペイン国民。スペイン初メダルは 自転車の Samuel Sanchez (サムエル・サンチェス)の金だったもんだから、もう大騒ぎ。

マドリッドは2016年のオリンピック開催地に立候補中。
b0146907_2572573.jpg

市長はスペイン野党PP (国民党)所属のAlberto Ruiz-Gallardón (アルベルト・ルイス・ガジャルドン:ガチャピンみたいな名字でなんか笑える)

新聞のインタビューで、スペインのスポーツ界の成功が、誘致活動を有利にすると自信満々に語る。2012年にも立候補していたけど、ロンドンに負けてしまったのね…。

このガジャルドン氏、マドリッド市長の前はマドリッド県長だった。県長、市長を経ていずれは所属政党PPのトップ陣営へと目論んでいたのに、3月の総選挙の前にその道を断たれてしまった。

「PPの内乱」とも「PPの危機」とも言われたこの出来事の影のドンは、現在のマドリッド県長 Esperanza Aguirre (エスペランサ・アギレ)女史。
b0146907_1183655.jpg
のらりくらりとマスコミの質問を交わしつつも、秘めたる野望はギラギラしている。2012年、PP党首にのし上がるのは、彼女だという巷の噂もなんだか現実味を帯びている。したたかなお方です。
ガジャルドン氏、エスペランサ女史のお隣で、ご不満気味?
                                ↓

b0146907_1375228.jpgPP所属のガジャルドン市長の行く末は何処?スペイン与党PSOE (スペイン社会労働党)へ鞍替えか?なんて噂もあるけど、それじゃあ culebrón (くれぶろん:ソープオペラ)も真っ青だ。



何はともあれ、ガジャルドン氏の目下の目標は2016年のオリンピック開催地を勝ち取ることね。強敵は、偉大なるTOKYO、愛すべき我が母国。東京が今のところ有利らしいですな。

スペイン人たちに聞かれる質問。

「madriz、マドリッドとトーキョーとどっちを応援するのよ?」

いやあ、本音はどっちも応援しないのよ。

誘致活動だけでもとんでもないお金使っているのに、開催地になったら…。お互い、高齢化社会とか、不況の格差社会とか、移民問題とか、解決すべき問題は山ほどあるんだから、オリンピック開催に踊らなくてもいいのでは?って小市民のつぶやきに過ぎないのかな?

オリンピックを契機に国は発展するし、いい商売にもなる。政治が絡まない平和なスポーツの祭典と言うのは、きっと理想論なんだろう。残念だけど。

スポーツ界が大活躍のスペインに、とんでもないニュースが飛び込んできた。

Maribel Moreno, positivo por consumo de EPO

自転車のスペイン選手 (女性) マリベル・モレノがドーピング検査で禁止薬物のエリスロポエチン(EPO)陽性判定。今大会初のドーピング検出選手だ。

TVのニュースでは、今回のことで、スペイン人選手全員へ疑いの目が向けられてしまうと嘆いていた。マリベル本人は7月31日のドーピングテスト後、結果を待たずに同日の夜、スペインへ帰国した。「極度の不安」を言い訳として…。

今後、マリベルへ薬物を提供した共犯者を調査すると言う。ドーピングしてまで、勝利が必要なのか。国を代表するプレッシャーなのか。オリンピックの本来の意義「平和なスポーツの祭典」がどんどんタテマエ化していく。
[PR]
トラックバックURL : http://madriz.exblog.jp/tb/9275783
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by dias-madriz | 2008-08-11 16:38 | Vida | Trackback | Comments(0)