マドリッドから発信


by dias-madriz
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Days of Being Wild

映画のタイトルです。

多分、ウォン・カーウァイは他作品の方が、世界的に有名だけど、私としては、映画の内容は勿論のこと、色んな意味で思い入れの深い作品。


『欲望の翼』


この映画をこよなく愛していた方を通じて、学んだこと、得たことは計り知れない。

そして、その当時から時間は随分経ってしまい、住んでいる所も随分遠くになってしまったけれども、私の中で決して消えることのない思い出だ。


ブログ名は、ちょっとしたオマージュも込めて…。
[PR]
トラックバックURL : http://madriz.exblog.jp/tb/8804875
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by めぐみぃ at 2008-06-18 00:35 x
おおおお!思わず感動してしまいました。

私も「欲望の翼」(阿飛正伝と香港では呼んでました)が、本当に大好きで、大好きで。ウォン・カーウァイ監督のなかでは私もダントツに好きです。「1分だけの友人だ」(やっぷんちょんでぃぱんやう)というレスリーの台詞とか今でも耳に響きます。。。当時は私も若かったなぁ。

香港を離れ、映画の仕事をしなくなってから、この作品の話を聞くのは初めて。
うれしいです。
Commented by dias-madriz at 2008-06-18 07:00
めぐみぃさんへ

おおおお!こちらこそ感動です。映画の仕事…。思わぬ共通点を見つけられてびっくりです。そうそう、「阿飛正伝」。仕事上、書類でよく原題を目にしていました。登場人物(しかも全員)があんなに美しくて切ない映画は滅多にないですね。

香港へは2、3回遊びに行ったことがあります。重慶大厦で両替した時に、TTBとTTSレートを逆にされて騙されそうになり、周りのインド人に大笑いされながらも、なりふりかまわず大声で怒鳴りまくって(しかもほとんど日本語で)、差額を奪い返した思い出が(汗)…。若かりし頃の思い出です。

Commented by めぐみぃ at 2008-06-20 02:20 x
ちょんきんマンションは柄が悪いから~(笑)
あそこのインド料理は安くて美味しいし、雰囲気は楽しいですよね。今はだいぶ、あそこもおとなしくなってしました。
当時の日本人の友人たちも「今は全然違うよ。もう中国の1都市にすぎないよ」と。「1分間だけの友達」っていう言葉は香港の返還前の人々の心を表しているわけですが、今だったら何っていうのかな。
Commented by dias-madriz at 2008-06-20 06:59
めぐみぃさんへ

97年の返還からもう11年ですものね。
「1分間だけの友達」は時代の変化と共にどこへ流されて行ったのかしら?香港、また行ってみたいです。スペインにいる限り日本以外のアジアへ行くのは、もはや夢の旅…。
by dias-madriz | 2008-06-15 23:06 | Vida | Trackback | Comments(4)