マドリッドから発信


by dias-madriz
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

Todo sobre la muerte de mi madre vol.1

今、日本にいます。かなり個人的な内容ですが、自分のための備忘録として。


転職を1週間後に控えていたある日の朝、突然日本の父から電話が入った。


「madriz!あー、良かった。やっと繋がった。お父さん、どーすればいいか分からなかったんだよ。」


普段、スペインに電話をかけてくるのは母の役目だったから、父にも電話番号はもちろんのこと電話のかけ方も教えていたが、実践することはなかった。

だいたい、実家の固定電話からワンプッシュすれば自動的にスペインにかかるように設定だってしておいた。でも人間、普段やっていないことはなかなか実行できないものなのね。

でもね…、固定電話の横に「ワンプッシュでスペインへ直通」って張り紙があるのだよ、お父さん…。

父は電話帳を何度も何度もめくりながらよーやく私の携帯電話の番号を探し当た。必死にダイヤルを回していたらしいが、かかるはずがない。それは080で始まる日本の携帯電話番号だった…。

電話は無理だと思った父は、今度は私のスペインの住所を見つけ出し、国際電報を打とうと決めた。でも、電報担当者が住所に書いてある「/(スラッシュ・斜線)」の意味を理解してくれなかったらしく、電報もあきらめた。

だいたい、「スラッシュ、斜線」と言っても通じないような人が国際電報の担当者として働いているのもどーかと思うが、まあ仕方がない。

この時点で父はかなりパニック状態だったに違いない。

父が見つけ出した私のスペインの住所は国際郵便の控えに書いてあったもの。電話番号だってちゃんと記載されていたのに…。

日本の携帯電話にかけ続けていて繋がらなかったため、もう電話は無理だと判断したのだろう。その時はスペイン国番号+34で始まる電話番号が目に入らなかったに違いない。

一息置いた父はよーやく+34で始まる電話番号に気がついた。


「もしもし!もしもし!madrizか?お母さんが…、お母さんが危篤なんだよ!」


父から電話が入ったのは2010年4月2日(金)日本時間で15時26分。スペインはマイナス7時間の時差(サマータイム時)。

初めは父の言っていることが理解できなかった。何で危篤なのか?どーして病院にいるのか?

電話口の父によると、3月24日(水)の朝、母は突然倒れてそのまま緊急入院したらしい。それ以外の詳しい話は日本に到着してから聞いた。

2年前に両足の動脈硬化で手術をした母だった。当時は危うく切断を免れた。今回倒れた時、父は「今度は脳に来たか…。」と直感したと言う。

救急車で運ばれた母はそのまま手術室へ直行。左腕に動脈硬化が見つかった。そして小脳梗塞も起こしていたが、それには手を施すことは出来なかったという。それでも手術後に母は意識を取り戻した。

その時点で父はスペインへ電話しようとしていた。でも母は、

「2、3日したらmadrizから電話が掛かってくるはずだから、それまではいいわよ。心配させちゃうから。」


手術から一週間、吐き気に悩まされ点滴生活を送っていた母。そこでお医者さんから「少しフルーツを食べてみましょうか。」と言われた。

日本時間の4月2日(金)の朝、ひと口大にカットしたフルーツをタッパーに詰めた父は8時35分に病室へ到着。

母は同室の患者さんと普通に団欒していたらしい。そして突然、返事をしなくなった。父が病室に到着した時、母の意識は既に朦朧としていた。それでも両手を振りながら何かを伝えようとしていたらしい。

再び手術室へ運ばれた母は心不全も併発していた。実は年末年始に私が一時帰国した時も心不全で入院していた。

後日、お医者さんが私でも分かるように説明してくれた話によると、心不全というのは血の塊(血栓)を作ってしまうらしい。手術室へ向かった時点で母の左首の根元の動脈に血栓があったという。

薬を投入して血栓を溶かしたかったが、入院時に小脳梗塞を起こしていたため、それも出来なかった。しかも脳全体がむくんでいた。頭蓋骨に囲まれている脳がむくみ始めるということは、とても危険な状態らしい。

手術することも出来ず、母は意識を失ったままICUへ移された。

「今日か、明日が峠です。ご家族、ご親戚に連絡してください。残念ですが、おそらく娘さんは間に合わないでしょう。」

父は絶望したまま自宅へ戻った。そして私の電話番号が簡単に見つからず、途方に暮れた。


vol.2へ
vol.3へ
vol.4へ
vol.5へ
[PR]
トラックバックURL : http://madriz.exblog.jp/tb/13238330
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by dias-madriz | 2010-04-02 15:26 | Familia | Trackback