マドリッドから発信


by dias-madriz
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

Puente

b0146907_1405836.jpg
日本は、もうゴールデン・ウィークが終わった頃でしょうか。スペインにも連休がありました。
ただ、5月1日メーデーが金曜日だったので大した連休ではありませんでしたが…。

そして、5月2日はマドリッドの祝日でした。今年は土曜日に当ってしまったから、これまた連休として大した意味も無く…。

だいたい、スペインの一般的な会社では、金曜日は3時に仕事が終わることが多い。だから金曜日が祝日の場合、「連休」という意識はあんまりないらしい。

昔は「連休」という言葉すら使わなかったという。3連休なんて「連休」とは呼べないのかしらん?
あっ、今はみんな「連休」って言葉を使っていますよ。

ちなみに、スペイン語で 「連休」 は Puente (ぷえんて:橋)と言う。

日本のゴールデン・ウィークのように飛び石で祝日がある場合、まとめて連休にすることを
Hacer puente (あせーる ぷえんて) と言う。

Hacer は 「する」 とか 「つくる」 って意味。

橋を架けて飛び石を繋ぎましょうってことだね♪


マドリッドには振替休日という素晴らしい制度はないので、祝日が土日に当たると、年間休日が減ってしまう。
自治州によっては、ちゃんと振替休日があります

「はい、分かりました♪」 なーんて言いながら、スペイン人(マドリッドに住む人)が失われた休日を受け入れるわけが無い。辻褄を合わせるごとく登場する祝日がある。

6月11日 Corpus Christi
9月9日 Santa María de la cabeza

Santa Marría de la cabeza はマドリッド州全体ではなくマドリッド市だけに該当する休日。

毎年ある祝日じゃないし、カレンダーに載っていない場合もある。カレンダーを印刷する段階では、祝日にするかどうかまだ決まっていないのかしらん。
仕事が遅いぞ、スペイン人!

確か去年も、

「明日はSanta María de la cabezaの祝日だから仕事ないわよ。」

なーんて突然言われて、ハッと気がついたっけ。


「もうちょっと早く言ってくれれば、色々プラン考えられたのに…。それにそんな祝日、知らなかったよ…。」

ブツブツ文句言ったのは私だけ。

「別にいいじゃん、madriz。休みなのよ~♪楽しみましょうよぉぉぉ~♪」

スペイン人の同僚たちは大喜び。

今を楽しむこと だけ に関しては天才的なスペイン人。何事にも計画性を求める自分の性格を呪った…。

マドリッドのお偉いさんへ!振替休日にしたほうが簡単ですっっ!


※上の写真は近所の印刷工場の看板犬、UVA君(「ちゃん」かも…)。会うたびに首に巻いているバンダナが違います。オシャレなのね~♪

※UVA(うば)はスペイン語でブドウです。
[PR]
トラックバックURL : http://madriz.exblog.jp/tb/10893532
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 所長 at 2009-05-07 19:17 x
フランスでも、休日にはさまれた平日を休みにすること、Pont(ポン)「橋」って言います。
連休にしちゃうこと、Faire le pont(橋を作る)って言います。
ラテンの言語って文法や単語が似てるって聞きますけど、表現とかもホント同じなんですねー!
Commented by dias-madriz at 2009-05-07 21:48
所長さんへ

やっぱラテン。言語も似ていますね。スペインには英語は出来なくても(私もね♪)、フランス語出来る人、結構いますしね。イタリア語、ポルトガル語に関してはもっと簡単だとか。私もフランス語も挑戦したいなぁって思うけど、あの発音にお手上げです…。
by dias-madriz | 2009-05-06 16:38 | Vida | Trackback | Comments(2)