マドリッドから発信


by dias-madriz
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

Barcelona vol.2

カタルーニャ地方の首都バルセロナはスペインの中で稼ぎ頭の都市。
b0146907_10581338.jpg
スペインの首都はマドリッドだけど、ビジネス、芸術、文化、インターナショナルなどなど、あらゆる点でバルセロナはマドリッドを大きく引き離していると思われる。

バルセロナには海がある、山もある、歴史もある、現代もある…、つまり何でもあるのよね。実に完成された街だ。

そして独自の言語 (カタラン語) を持っている。カタラン語といってもスペイン語と似ているので、どーにか理解することは出来る。

それにカタラン人 (カタルーニャ地方の人) はカタラン語とスペイン語のバイリンガルなので、スペイン語だけでのコミュニケーションはもちろん可能だ。

だから、私がもしバルセロナに住んだとしても、きっと何の問題もないだろう (もしかしたら、マドリッドよりも仕事のチャンスは多いように思われるぞ!)。

でも最終的にはカタラン語を習得しないと心底落ち着かないだろうなぁ。

何となく分かるってのは意外と厄介なんだよね。結局は常に受身の態勢になってしまって、自分から発信することが出来なくなってしまう。

基本的に地元の人々はカタラン語で会話をしているから、常に私だけがスペイン語で発信するという環境は妙な疎外感を感じるのではないだろうか。

ヨーロッパの大学生達は Erasmus (エラスモス) という交換留学制度を利用していろいろな国へ行く。

この制度は、留学先の国の言語を学ぶのではなく、自分の専門を外国で学ぶというものなので、スペインにやって来る学生達はそれなりにスペイン語ができないと困るのね。

そんなエラスモスの留学生をテーマにした映画はこちら↓

『Una casa de locos/L’Auberge espagnole (邦題:スパニッシュ・アパートメント)』
(2002年フランス・スペイン)
b0146907_9422354.jpg
ロマン・デュリス (何気に好き♪) やオドレイ・トトゥが出ていますね。

自国でスペイン語をかじってきた留学生達。さて、スペインで勉強するぞ!と選んだ都市がバルセロナだったら話は別なんだよね。だって、大学の授業はスペイン語じゃなくてカタラン語で行われるからさ。

カタラン語で授業する教授に物申す留学生のシーンに思わず笑ってしまった。カタラン人にはスペイン人という意識はないし、自国の言語はもちろんカタラン語なのだよ。 

知り合いの夫婦 (カタラン人女とマドリッド人男) は結婚後、バルセロナに住むか、マドリッドに住むか結構悩んだらしい。そう、問題は小学生になる子供の教育について。

最近、カタルーニャ地方はカタラン語教育を徹底させる傾向が更に強い。彼らが選んだ小学校はスペイン語で行われるクラスはもちろんのこと、語学として学ぶスペイン語のクラス(必修科目)さえなかったらしい。

スペイン語を学ぶための選択科目はあったらしいが、どちらにしてもマドリッド人の父親としてこれには納得できなかったと言う。奥さんも旦那さんと同じ意見。カタラン人の彼女だけど、カタルーニャはスペインという国に属していますからね (独立を求めて運動している人々もいらっしゃいますが…)。

結局、知り合い夫婦は現在マドリッド在住です。

ペネロペちゃんオスカー獲得の投稿でも触れたけど、スペイン人は「おらが村」精神が本当に強い。

出身地の話になると、県名ではなく、このように答える場合が多い。

Soy madrileño (僕は、まどりれーにょ:マドリッド人)
Soy gallega (あたしは、がじぇが:ガリシア人)
Soy cacereño (僕は、かせれーにょ:カセレス人←あっ、これ相棒F氏ね)などなど…。

日本だと、東京出身ですとか大阪出身ですって言うよね?まあ、関西人という言い方はポピュラーなのかもしれないが。

「おらが村」精神の強いスペインですから、外国人を表現する単語もありますよ。例えば…、

東京人→tokiota (ときおた) 響きが可愛いね♪
ニューヨーク人→neoyorquino (ねおじょるきーの、女性系は「ねおじょるきーな」)
パリ人→parisiense (ぱりしえんせ、「パリジャン」のスペイン語版ね)
ロンドン人→londinense (ろんでぃねんせ)

まあ、人それぞれ思うことはあるんだろうけど、排他主義や極度な自愛精神は結局、摩擦を生むだけだなんだよね。でも政治的にも歴史的にも押さえつけられていた時代があったからこその結果であって…。

遥か極東からひょっこりやってきたワタクシごときがカタラン人について物申す立場でもないので、ここは一つ、バルセロナを堪能させていただきまして、ありがとうございましたということで…。

バルセロナ旅行記つづく♪(ぜんぜん旅行記じゃないぢゃん!
[PR]
トラックバックURL : http://madriz.exblog.jp/tb/10652582
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 所長 at 2009-04-27 21:17 x
『スパニッシュ・アパートメント』、面白いですよね!
ちなみに、私は続編も見ました。(こっちも面白かったです)
MADRIZさんの記事に、「スペイン人は、おらが村精神が強い」って書いてありますけど、
逆に私は全然ないですね…。小さい頃から結構いろんな所に住んできたので、帰属意識があまりありません。(日本人のヒトに、「ご出身は?」と聞かれると、ちょっと困ります)強いて言えば、「地球人」という感覚を持っています。笑
Commented by dias-madriz at 2009-04-28 00:38
所長さんへ

続編あるとは知りませんでした。今度チェックしてみまーす。
スペイン人のおらが村精神はホント強いですよ。たぶん基本的にコンサバなんですよね。所長さんの「地球人」気に入りました。そう、どこどこの国がどーしたこーしたいう前にみんな同じ地球に住んでいるんですからねぇ。
by dias-madriz | 2009-04-03 23:52 | Viaje | Trackback | Comments(2)