マドリッドから発信


by dias-madriz
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Visado vol.3

※追記が一番下にあります。

さてさて、今回は②の噂

スペインに5年間、合法的に居住していたら永住権がもらえる。

この噂のキーポイントは「居住」ということ。

スペインで合法的に仕事をしている外国人は、会社雇用だろうが、自営業だろうが、労働許可Autorización de trabajo)を持っている。そして、この労働許可には居住許可Autorización de residencia)がついている。

正式名称は Autorización de residencia y trabajo (居住労働許可)です。

永住権をもらえるのは、この居住労働許可を5年間連続して保持した人たちです。

じゃあ、学生証 (Tarjeta de Estudiante) を持っている学生も5年経てば永住権が取れるのか?というと…学生さんはもらえません


学生のステータスは居住(residencia)」じゃなくて、「滞在(estancia)という扱いだから、合法的に5年以上スペインに住んでいても居住者としては認めてもらえない。

だから、5年間学生としてスペインに住んでいても、永住権に切り替わることはない。


ちなみに、ワタクシ、この法律が出来た当初、学生証の更新を取り扱っている警察に電話して確認してみた。

madriz:「学生だって合法的に5年間スペインに住んでいる人たくさんいますよねぇー?しかも法律には学生はダメだなんて書いてないじゃないですかぁ。

おまわりさん:「いやあ、「居住」者が対象なんだよ。学生さんは「滞在」者だからねえ。永住権欲しかったら、居住労働許可をとって「居住」者になってから頑張りんしゃい。」

間違い電話をしたのか?って自分の耳を疑うほど、穏やかに優しく対応してくれたことを今でも覚えている。たいていスペインの警察署の外国人担当者ってのは、どいつもこいつもヒトデナシだらけだからさ!

ちなみに、居住労働許可はAutorización de residencia y trabajo Temporal からスタートします。Temporal(一時的な、仮の)ということですから、期限付きの許可証です。1年目、3年目、5年目に更新しなければなりません。

合計3回更新すれば、5年間の保持になるので、Temporal からPermanente(永久的な)へ居住労働許可が切り替わります。

Autorización de residencia y trabajo Permanente 永久的な居住労働許可、つまり永住権ですね。


「なーんだ、5年間働けばいいのかぁ~♪」

↑簡単に考えてはいけませぬ。まず、5年間連続です。1年でも空いてしまったら一からやり直しです。それに更新時には雇用契約書の提示が義務付けられています。

更新時に失業状態だったら、居住労働許可はもらえず、帰国しなければなりません。って当たり前だねぇ…。

さてさて、めでたく永住権が取れたら、外国人としてのステータスはぐーんと楽になります。スペイン人と同じように何の制限も無く就労が可能です。

永住権とはいっても、5年ごとにAutorización de residencia y trabajo Permanenteを更新しなければなりませんが、雇用契約書の提出義務は無いから、スペイン人がIDカードを定期的に更新するのと同じことだね。

そして、スペインの永住権を持っているということは、EU加盟国での居住や就労もスムーズになる。これは魅力的だぞ♪って永住権あっても仕事が無ければどこの国でも暮らしては行けないので、皮算用はやめようよ、アタシ…。

以上は、スペインで居住労働許可(Autorización de residencia y trabajo Temporal)を持っている人を対象にしたケースです。

スペイン人と結婚している人や、リタイヤ・ビザで居住許可を取った人に関しては分かりません。でも想像するに、これらのケースの方々は学生と違って「居住」扱いになっているはずだから、永住権に切り替わるはずです。


※参考資料
永住権に限らず、あらゆるケースの外国人法が詳しく載っているBOE (Boletin Oficial de Estado:日本でいう官報ですね)。

CAPITULO III の Residencia permanente の項目に永住権 (autorización de residencia permanente) について詳しく載っています。

※追記
1.居住労働許可を更新する時点で失業していたとしても、働いていた時に納めた社会保険料の期間によって、許可証を更新できるチャンスはあります。あとは、職安みたいなところに登録しているか、失業していても仕事探しを積極的に行っているかなどを証明するとより効果的らしいです。

2.居住労働許可は5年間保持していれば6年目に永住権に切り替わると書きましたが、却下される場合もあります。

外国人法は常に変わるので、今回の投稿内容がいつまでも正しいわけではありません。スペインで労働している身としては、日々チェックして行こうと思います。
[PR]
トラックバックURL : http://madriz.exblog.jp/tb/10518244
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by dias-madriz | 2009-03-15 21:55 | Visado | Trackback | Comments(0)